baby-feet-836867_1280
青汁はビタミンやミネラルを豊富に取り入れるために、健康のためには積極的に呑む人も大勢いらっしゃる。
ただ、授乳中です女性の方の場合、食べ物の栄養素が授乳する事によって赤ん坊に影響を届けるために、食事には非常に気を配る人も多いです。
そのために、青汁がいかに健康に良くても、授乳中に飲むと赤ん坊に悪い影響を授ける可能性があるのではないかと心配を始める人もいらっしゃる。
適切な量であれば、赤ん坊が直接青汁を飲んでも大丈夫と考えられていて、授乳中でも安心して飲んでも問題はないです。
ただ、色々な製品が販売されていて製品によっても含まれている成分は異なります。
そのために、含まれている成分によっては注意しなければならないケースもあるので、無条件です訳では無いので気を置きなくてはならないだ。
それではいかなる事に気を付ける必要があるのかというと、カフェインが含まれている場合には控えた方が良いです。
カフェインはコーヒーやお茶に含まれている成分であり、青汁の中にも緑茶や抹茶がある製品の場合はカフェインが含まれます。
カフェインは覚せい作用や興奮作用があるために、眠気覚ましにカフェインを取り入れるコーヒーなどを摂取する人もいて、大人であれば摂取しても問題はないですが、授乳中にカフェインを摂取するとそれが母乳を通して赤ん坊も摂取する事になります。
赤ん坊がカフェインを摂取すると排出やるまでにかなりの時間が加わり、少量のカフェインでも大人と比べると影響が広く、夜泣きなどの原因と上る可能性があるので、カフェイン入りの製品は飲まない方が良いです。
ただ、全ての製品がカフェインを取り入れるわけでは無いために、製品を選べば問題はないです。
なお、母親が摂取したカフェインが母乳に交じる割合は0.6%から1.5%程度であり、青汁にあるカフェインの量も微量であるために、授乳中に飲んだからと言って赤ん坊に影響を達する可能性はわずかだ。
ただ、万が一の事があると困るので、トラブルの原因と陥る物は避けるべきです。
その他に気を押し付けた方が良い事としては、農薬や添加物の使用については注意しておいた方が良いです。
これは一般的な大人の場合であっても注意すべき事ですが、これらは人体に影響を届ける可能性があり、殊更赤ん坊の場合は影響をすごく受け取る可能性もあるために、出来る限りは無添加であり残留農薬の心配も乏しい製品を選ぶべきです。
その他には甘みを擦り込みたいからといってハチミツを頼るのは控える必要があります。
ハチミツは赤ん坊にはやばいからだ。